PRADOREY Origen

2021

樽での熟成は浅く、瓶で熟成させた赤ワイン

7,50 

RADOREY ROBLEは、現在PRADOREY ORIGINになっています

20年前、私たちはリベラ・デル・ドゥエロでのワイン作りに革命を起こしました。赤ワイン熟成の新しいカテゴリーであるRobleの発売です。私たちは今、プラドレイ・オリヘン2018を発表します。これは、誕生以来のパイオニアかつ革新的なワインであり、100年さかのぼる粘土瓶内での革新的な熟成により、古代と現代が融合する現在の精神を維持しながら、かつてないほどの強さをもって新たな市場に突入します。 プラドレイ・オリヘンはテンプラニーリョ、カベルネ・ソーヴィニヨン、メルローのブレンドであり、ここ20年間、さまざまな段階を経験しました。最初のヴィンテージである1997年のヴィンテージでは、オーク樽で長時間寝かせて作られたワインとして特徴付けられました。地域の伝統的な製法のものよりも飲みやすいですが、いくらか複雑です。テロワールに焦点を絞り、樽での熟成を3か月に短縮する2015年のヴィンテージまで、この実験は続き、果実の優雅さと優位を樽に移しました。 最後に、Origin 2018では、オーク樽でさらに1か月減らして粘土の瓶で寝かせ、力と素朴さではなく優しさと複雑さを伝える、土とミネラルのアクセントを達成しました。その結果、味わい深く非常に飲みやすい赤ワインとなり、活力、バランス、一貫性が好まれるワインとなっています。
cata de vinos
– 520 ブドウ畑のヘクタール
– 8つの畑で習得されるブドウ
– 高度:813m
– 手摘み収穫
– 95%テンプラニーリョ, 3%カベルネ・ソーヴィニヨン 2%メルロー
– 自然発酵
crianza
– 2ヶ月アメリカのオーク樽とヨーロッパのオーク樽
– 1ヶ月粘土の瓶
cata del vino
– 視覚:ナザレのトリムが付いた紫赤
– 嗅覚:ブラックベリーやチェリーなどの赤と黒のベリーのフレッシュなノート、バニラバルサミコのノート
– 味覚:バランスの取れた、柔らかく心地よいタンニン。丸くて脂っこいワイン。後味でベリーとスパイシーなタッチの興味深いアンサンブル
maridaje
– スパイシーな燻製肉:チョリソ、ハム、イベリコロース
– キノコのソテーやグリル
– ピザと肉のパイ(エンパナーダ)
– マイルドなチーズ
Pradorey-Origen

お客様の声...

Audaz y seductor. Fue un pionero porque marcó el camino a seguir en la nobleza del vino de la Ribera del Duero. Hoy, diecisiete años después, el ‘PradoRey Roble’ protagoniza una segunda revolución enológica, pero sigue siendo un tinto joven, atrevido, enérgico, inquieto y audaz. Y, admitámoslo, un punto seductor
Diario de León
Capsula-pradorey-origen
Ribera con 3 meses de roble, que se bebe fácil y que tiene un buen precio. Frutal, carnoso y un goloso. Más que correcto
Julián Olmo
プラドレイの顧客
Gran vino a una inmejorable relacion precio calidad. Muy recomendable
Racosta
プラドレイの顧客
Cuerpo y carácter. Así lo defino yo. Frutos rojos maduros y vainilla presentes. Perfecto con carnes
Pau Aubeso
プラドレイの顧客

RECUERDA QUE DESPUÉS DE INICIAR SESIÓN SI QUIERES VOLVER AL CLUB DE EMPLEADOS TIENES UN BOTÓN EN EL PIE DE PÁGINA

popup club empleados